青汁には健康効果だけでなく、味にも期待

このところ、青汁ブームなのかスーパーのドラッグコーナーで青汁を探そうとすると、自分の探している青汁をすぐに探し出せないことがあります。どれも緑色を基調とした同じようなパッケージばかりで、しかも個装になっているものと、大袋のものとを見分けるのが難しいのです。

買いに行くたびにこの作業が面倒だなと思いつつ、ここでめげていてはいけないと思い直し、どうにか探し当てて購入しています。そんなときに気づいたのですが、同じ青汁と言えども私の好きな大麦若葉100%のものもあれば、昔ながらのケールを原料としているものもあり、他にもクロレラ、クマザサといろいろなものがあることに気づいたのです。ケールは私の経験上、おいしくないイメージがあって興味を持てず、クロレラはアレルギーを起こした友だちがいたので怖くて手が伸びなかったのですが、気になったのがクマザサの青汁です。笹と言うとさわやかな印象があり、ちまきなどにも使われていて、香りもよいので飲みやすいのではないかと思ったのです。

ただ、いくらさわやかで飲みやすそうなイメージがあっても、私の場合は健康のため、特に便秘解消のために青汁を飲んでいるので、どのような効果が期待できるのか気になって、家に帰って早速インターネットで調べてみたのです。クマザサには血液をサラサラにする効果、胃腸を強化する効果、さらには抗アレルギー効果に皮膚病の改善にも効果があると分かり、これはなかなかいいなと思って興味を持ち始めたところに、風邪予防の効果もあると知って、ますます関心が強くなって行ったのです。

他にも歯周病予防もできるようなので、弱ってきた歯茎のことを考えて気に入ったのですが、便秘予防に効果があるとは書いていなかったのです。食物繊維は多いようなので、きっと便秘解消にも効果があるのではと期待したのですが、よくわかりません。栄養価で決めるのはなかなか難しいと思い、実際にクマザサの青汁を購入して飲んでみることにしたのです。溶けやすさはいつも飲んでいる大麦若葉の青汁に見劣りしません。色はクマザサのものの方がやや薄いように思います。味は大麦若葉のものより、やや苦味が強いように思いますが、後味がさっぱりとしているので飲めないことはありません。ただ、子どもたちに試したところ、苦く感じるようで、はちみつを加えて飲んでいます。

一番気にしていた便秘予防効果も、私の場合は大麦若葉の方がよかったように感じています。値段も大麦若葉の青汁の方がクマザサの青汁よりリーズナブルなこともあり、わが家では大麦若葉の青汁の方がよいと感じています。やはり口にするものですので、健康効果だけでなく味にも期待してしまいます。